• ホーム
  • 仕手株と株価の変動の関係

仕手株と株価の変動の関係

色々なグラフ

仕手株と呼ばれる株が存在しています。
これは仕手筋と呼ばれる集団によって株価に強い影響を受けている株式のことを指す言葉で、仕手筋が活動をしている仕手株はその株価の変動が激しいことを一つの特徴としています。
この仕手筋の目的は操作しやすい株式を圧倒的な資金力で操作するという点にあり、それによって資金力の乏しい層から搾取することを目的にしていると考えられています。
その特徴的な手口は広く知られるようになっており、ある日突然何の前触れもなく株価の急騰や下落が発生するところから始まるのが一般的です。

この仕手株は小型株が対象になることが多いと言われています。
いくら資金力が多いとは言っても大型株を際限なく買う様な資金を集めるのはかなりの困難を伴います。
そのため株式総額が比較的小さな小型株を対象に仕手筋が仕掛けることが多いと考えられています。
その理由は大きな資金力があることで操作可能な範囲が大きいということが挙げられるでしょう。
この様な仕組みを活用して株価をある程度操作することで個人投資家の気持ちを揺さぶり、そこから利益を得て行くという動きをすることで知られています。
特に理由のない高騰や下落は仕手筋による価格操作である可能性があるために急な値動きに対しては慌てずに対処することが重要であると言えるでしょう。

また仕手筋は一族経営で流動的な株の比率が少ない企業や、信用取引によって売りから入ることが出来る株式銘柄を選んで仕掛けることも特徴になっています。
急騰した株式は過ぎに元の根に戻ると売りを付ける個人投資家が、その様な値動きに翻弄されて損失を出すことになるでしょう。
仕手株都はその様な仕組みの値動きであり、手を出さない方が無難です。