• ホーム
  • 仕手株の株価の特性と日本電気硝子

仕手株の株価の特性と日本電気硝子

グラフとスーツの男性

日本電気硝子は東京証券取引所1部に上場する企業です。
薄型パネル用硝子の大手企業で、韓国や、台湾の企業に多くの取引先があります。
最近は、アベノミクスの影響で、日本株は、非常に堅調です。
最近までの低調な相場環境が嘘のような活況を呈しています。
多くの個人投資家も参戦し、相場を盛り上げています。
最近では大手企業の賃上げや、雇用の増加も伴い、日本経済は好循環へと繋がっています。
大手の製造メーカーも需要が堅調で、業績も軒並み好調です。
このような環境の中、各社の株価も値上がりを続けています。
日本電気硝子株は仕手株としての側面も併せ持ちます。
仕手株の値動きはしっかり観察して対策を取らなかればなりません。
急にその値段を上げたと思えば突然、急落をします。
値動きが早い分、機敏な売買が必要となります。
流れに乗り遅れ、売りのタイミングも失敗すると、大きな損失を出してしまいます。
このような仕手株で利益を出すには、日頃からその値動きには充分注意を払う必要があります。
いつどのようなタイミングで動くかわからないので、過去のチャート等を参考に、パターンを学習する必要があります。
過去の動きを観察していると、初動の瞬間が読みやすいので失敗の確立が減ります。
株価はその銘柄によって、動きに特性がありますので、それをきちんと分析する事が肝心です。
あまり良く知らない銘柄には手を出さない事も肝心です。
仕手株はその特性をきちんと見極めれば、時に大きな利益を短期間で手に入れる事も可能となります。
リスクも当然大きいですが、損切りを早期に行う事が肝心です。
日本電気硝子の株価は今後も要注目の銘柄です。
日々のチェックリストに組み入れる事で相場の楽しみが増えます。